無駄遣い備忘録 『 漢の腕時計編 』

とにかく浪費癖のある僕が買った腕時計の備忘録 ダイバーズウオッチが大好きですが、ダイビングはしません😁

【 SEIKO 特殊腕時計 " TUNA " 】物欲との終わらぬ戦い (前編)

SEIKO ダイバーズウオッチの人気シリーズ  通称 TUNA (ツナ缶)

1975年に登場以来、数多くのバリエーションが存在し、セイコーのダイバーズウオッチファンならば一度は手に入れたいと思う腕時計である。

現在僕は以前紹介した7549-7000とは別に、もう1本TUNAを所要しているのだが、未だに「ツナ缶」欲しい病は治まっていない。

僕が現実的に全てのモデルを入手する事は金銭的に無理。もし、もう一本買えるとしたら締めの1本に何を買うかを考えて遊んでみた。

 

先ずは、歴代のTUNAを振り返ってみよう。 

【 画像はSEIKOウオッチカタログより転載 】

■■ 1975年 ■■

f:id:little_dice:20200724135551j:plain

【 Cal.6159-7010 (YAQ028) AUTOMATIC 】

◇ 世界初のチタニウム製の記念すべき初代TUNAでツナ缶シリーズのグランドファーザと呼ばれている。

また、希少なAUTOMATICモデルなので、近年中古での流通価格も徐々に上昇してきており、オークションなどでは、200,000yen~300,000yenぐらいで落札されているようだ。

(600にm表記が無いのが国内流通モデルの初期モデルで、600m表記は海外輸出モデルである。)

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 1978年 ■■

f:id:little_dice:20200724130358j:plain

世界初のクォーツ式ムーブメントを搭載したSEIKOの記念すべきモデル

【 Cal.7549-7000 (PYF018)  QUARTZ

初代GOLDEN TUNA 1978年に植村直己氏が北極探検に使用し、1983年に潜水調査船「しんかい2000」により、600mを遥かに超える1062mまで潜航し無事帰還したモデル

※7549-7009は海外モデルで初期はSQマーク有り

【 Cal.7549-7010 (PYF028)  QUARTZ

◇ 初代プロフェッショナル300mダイバー

当時ダイバー達の間で、絶大な人気を誇ったベストセラープロフェッショナルモデル。ツナ缶の中でも、ステンレスケース、ブラックベゼルと一番ベーシックなモデルで、現在でも根強い人気を誇る。

※初期の海外モデルにはSQマーク有り

中古市場では程度の良い個体が減ってきているので、徐々に値上がり傾向である。

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 1986年 ■■

f:id:little_dice:20200724193546j:plain

【 Cal.7C46-7008 (SSBS018)  QUARTZ

◇ 世界初のセラミックス外胴式1000m飽和潜水ダイバー

高性能クオーツムーブメントキャリバー7C46搭載モデル

初代GOLDEN TUNAの後継機で、耐衝撃性と視認性をさらに向上させ防水性能も600m→1000mになっている。更にバッテリー寿命も約3年がら約5年へと長寿命化に成功。

※7C46-7009は海外モデルで初期はSQマーク有り

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 2005年 ■■

 f:id:little_dice:20200724195601j:plain

【 Cal.7C46-0AA0 (SBBN011)  QUARTZ

◇ 初代DARTH TUNA 外装をオールブラックに変更し水中での視認性をアップ。ボディーはチタン製ワンピースケース、そして外胴にはジルコニアセラミックを使用。また外胴の固定ネジが+ネジからトルク管理のしやすい6角ネジ(1.5mm)に変更。1000mダイバー初のサファイアガラスを採用するなど高スペック仕様のダイバーである。

【 Cal.7C46-7011 (SBBN007)  QUARTZ

◇ ステンレスのシルバーベゼルが特徴の「SBBN011 」300m飽和潜水仕様などの基本性能はおさえ、低価格で入手できる入門モデル。                 

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 2009年 ■■

f:id:little_dice:20200725095607p:plainf:id:little_dice:20200725095630p:plain

 

f:id:little_dice:20200725095714p:plainf:id:little_dice:20200725095739p:plain

【 Cal.8L35-0OC0 (SBDX011) AUTOMATIC 】

◇盛岡セイコー「雫石高級時計工房」で製造 の8L35メカニカルムーブメント搭載
部品点数192点、高度な細密加工技術によって造られた高性能メカニカルキャリバーである。約50時間持続の最大巻上げ時間。日差わずか+15秒~-10秒の精度を誇る。

「 かいこう7000Ⅱ 」潜航実験では深度4,299mで秒針が停止するまで稼働

【 Cal.7C46-0AA0 (SBBN013)  QUARTZ

◇このシリーズから、文字盤にMARINE MASTERの文字がプラスされ、リューズに「S」マークが入る。

DARTH TUNAの後継機で、「 かいこう7000Ⅱ 」潜航実験では深度3,284mで秒針が停止するまで稼働

【 Cal.7C46-0AC0 (SBBN015)  QUARTZ

◇ ステンレスケースにステンレスブレスのフルメタルモデル。ブレスにはアジャスター機能が付きウェットスーツの上からでも装着可能。初代のプロフェッショナル300mダイバーを彷彿する見た目で人気のあるモデル。

【 Cal.7C46-0AC0 (SBBN017)  QUARTZ

◇SBBN015と基本性能は同じだが、外装的にはベルトが違うのと、外胴パーツの仕上げがSBBN015はヘアラインであるのに対して、SBBN017はマットな梨地仕上げである。そのため、より道具感が増している。

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■2010年■■

 f:id:little_dice:20200728215509j:plain

【 Cal.7C46-0AD0 (SBBN019) QUARTZ

◇ 国産ダイバーズウオッチ45周年を記念して2010年に世界限定300本で販売されたモデル 通称 「ホワイト・ドルフィン」

真っ白なセラミックス製の外胴プロテクターが印象的なスペシャルな一本である。

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 2013年 ■■

 f:id:little_dice:20200725210106j:plain

【 Cal.5R65-0AJ0  (SBDB008)  SPRING DRIVE 】

◇ GOLDEN SPRING  DRIVE TUNA

セイコー100周年記念モデルとして生産された、世界限定300本のスプリングドライブ機構を搭載したモデルである。

外胴パーツはセラミックスではなくブライトチタンにDLC加工を施したものを使用。このモデルより文字板と針のデザインが新しいデザインに変更された。

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

■■ 2014年 ■■

f:id:little_dice:20200725054906j:plain

【 Cal.5R65-0AK0  (SBDB009)  SPRING DRIVE 】

◇ 100周年記念限定モデルであったSBDB008がゴールドを基調にしていたのに対して、こちらはブラックを基調としたカラーリングで仕上げてある。国内のみならず海外からも高い評価を獲得している「スプリングドライブ」を搭載し、クオーツ並みとはいかないものの高精度を実現している。

◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆seiko◆

 

後編につづく